人生山あり谷ありを多くの人と共有し、皆で幸せになれる場所でありたい

うつ病、療養生活再び

だいぶ久しぶりの更新となりました、真田幸拓です。

今は午前中アルバイトをしていますが、季節の変わり目と、大型連休で完全に生活リズムが狂い、再び休職することになりました。

現在は実家に帰って療養を開始しました。

冬場の療養は心身・金銭的にも辛い

  • 肉体的に辛い(寒い)
  • 精神的に辛い
  • 光熱費(主に暖房代)が高くつき、金銭的に厳しくなる

私は秋から冬にかけてガクッと調子を崩します。

何事もうまく力を抜けるところは抜けばいいのですが、なかなかうまくいかないことの方が多いです。

冬のうつは色々と厄介です、実家にはこたつがあるのですが、なかなか出られません。

肉体的に辛い

冬ということもあり、まずは何と言っても寒いです。

活動を行うにも何らかしら影響は出てきます。

自分の場合は入浴がかなり億劫で、なかなか風呂に入ることができません。

自転車に乗ることもめっきり少なくなってしまったので、運動不足なのは間違いありません。

食事も今は少し食べられるようになりましたが、少し前まではほとんど食べることができませんでした。

睡眠・食事・運動のバランスをしっかり保つことが重要になってきますね。

精神的に辛い

日照時間が短い、寒いなどでついつい引きこもりがちになりやすい冬。

気分転換できることに取り組めれば良いのですが、それもなかなかうまくいかないこともあります。

一日中布団にこもりっきりで、「なんて無意味な時間を過ごしているんだろう」などと考えてしまうこともあります。

更に、症状が重くなると希死念慮なども起きてきます。

最近はコロナウイルスのニュースも連日報道され、気が滅入りそうになります。

自分には不要・辛いものからは逃げてもいいと思います、というか逃げましょう。

金銭的に辛い

障害年金となけなしのアルバイト代で生活していましたが、それもまた家計を見直さなくなります。

アルバイトで月30000円位稼いでいたのですが、それがなくなったので、切り詰められるところはどんどん切っていかないといけません。

もちろん、食事を抜くとかはしないですが、無駄な買い物を避け、必要最低限の生活でなんとか生活するようにしています。

年金の更新時期が近づいているのですが、もし支給されなくなったらと思うとかなり厳しいです。

冬を乗り切れるかが大きな勝負

コロナウイルスの影響もあってか、人と接する機会も減り、安心半分・不安半分な日々を過ごしています。

皆様もお身体、そして心にも十分気をつけて日々お過ごしください。

真田幸拓でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です