人生山あり谷ありを多くの人と共有し、皆で幸せになれる場所でありたい

うつ病アラサー男がパソコンまで購入してブログを始めた理由とは

ブログ 始めた きっかけ

こんばんは、真田幸拓@sanadayukihira)です。

絶賛抑うつ症状発生中です。
気持ちの浮き沈みが激しいですが、自分の心のモヤモヤと向き合いながら吐き出せるのもブログの良いところかもしれないですね…。

タイトル通りなぜ自分がブログを始めた理由は、今の仕事(福祉)に疑問を持つ始めたこと。
そして本業だけの収入では将来が不安で、自分の成長が見込めないからと考えたからです。

前回記事で無事にブログデビューしました!!

Twitterで友人が紹介していたものがブログを始めるきっかけ

-Blog Hacks- 完全サポート付きブログ講座

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座

迫佑樹@yuki_99_sさんが開講している講座を友人が受け始め、ブログを開設したのです。

今までの自分なら、「何だこの怪しいサイト、興味ない」と思いました。

しかし、将来への不安と、自分も自身の気持ちや言葉で何かを表現し学び、誰かにに訴えかける力が欲しかったのです。

10月末には受講価格の変更が行われるとのことで悩みました。
結果は締め切り当日ぎりぎりで購入。

躁状態の時に、勢いで結構な価格のパソコンを購入してしまい、後には引けない状態になり、勉強する準備が整いました。

今は精神疾患に苦しみ、仕事を休職しています。(その後、転職し、アルバイトし始めました。)
自分の心身を大事にしながらも、自分にできることを探して勉強する機会だと思い、受講を決意しました。

駆け込み購入な上、パソコンもなかったので、実際にブログを開設するのに一定の時間は経過してしまいましたが、こうしてブログを書き始められたこと、行動できた自分をほめてやりたいと思います。

【2000円OFFクーポン対象】【商品ポイント10倍♪】MB-J350SN-S2-MA-AB ノートパソコン パソコン 13.3型 Core i5-8250U 8GB メモリ 240GB SSD Microsoft Office付き mouse マウスコンピューター PC BTO 新品

過去の自分…、学生時代から社会人への第一歩、人生の分かれ道

大学で私は福祉(高齢者)分野を専攻していました。かといって親に大金を払ってもらいながらも、バイト生活に明け暮れ、友人たちと青春時代を謳歌していました。

転機になったのは祖母とゼミの教授の死でしょうか…。近しき者がある日急にいなくなるという喪失体験は大きなショックだったのかもしれません。

それから私は「死」というものに対して凄く考える時間が長くなりました。元々内向的で、物事を深く考える自分にとって、その概念は重くまとわりつきました。

大学卒業後の進路はちょうど高齢者施設か地方公務員の結果待ちの状態でした。結論でいうと結果が先に来た地方公務員を選びました。

就職 進路 悩む

特殊な新社会人デビュー…、良くも悪くも経験になり、自分の人生を変えたところ

新社会人、晴れて社会人となって心機一転、新しい社会で頑張ろうという仲間が周りにはたくさんいました。
しかし、我々の前に立ちふさがったのは強力な社会の壁と恐怖の縦社会でした。
私が就職したのは警察学校だったのです。

半年間の訓練の中、何度諦め辞めようかとも思いましたが、仲間と共に歩みました。
そして無事卒業し、地域での交番に配属が決まりました。

しかしそこで待ち受けていたのはさらに強力な縦社会と理不尽な世界でした。

自分の高い理想や目標とは裏腹に、現実は想像以上に厳しかったです。
その点はある程度自分の中で消化できていたつもりでした。

しかし、一番の問題は直属の先輩・上司でした。
理不尽なパワハラ、未熟な私の技量を一般市民の前で罵倒することもしょっちゅうでした。

もちろんすべてが相手が悪い訳ではありませんでしたが、当時の私には限界でした。
気がつけば精神を少しずつ病み仕事に行けなくなりました。
仕事中も集中力が散漫になり業務に支障が出るようになり、上司や先輩と勤務するのが苦痛になってきました。

自分が病んでいく中で『死』を意識し始めた時、警察官には一瞬で楽になれるものを携帯しています。

『拳銃』です。

何度、この引き金を自分の体に向けて引けばこの現実から逃避できるのだろうと考えました。
だが、結局引き金はひけませんでした、正確にはその前に心が折れたからです。
正直今思うとほっとしている自分もいます。こうして誰かに話せる喜びや、生きているという実感があるので。

自分の存在を自身で見失い、彷徨う日々…、紆余曲折の末ついに…

その後、私は職を転々とします。パートでコンビニ弁当の製造会社に勤務し、友人の紹介で障害者福祉施設で活動、ホテルの料理人(フレンチ)、そして現在は地域の障害者福祉施設で生活支援員をしています。

しかし、11月初旬より、うつの症状で休職しています。

元々は前々職の福祉施設での異動がきっかけで適応障害を発症しました。
自分の業務量のキャパを超えたり、24時間鳴り続ける緊急用の携帯を所持したりすることがストレスでした。
また大きな法人だったため、法人の事務員としての仕事や対外活動が多かったことが発症の引き金になったようです。

3年前に発症して以降、調子の波を繰り返しながら現在に至ります。
定期的にクリニックに通い、服薬で様子を見ながら自宅療養に努めています。

なんで私が適応障害!? 暗闇の中で光を見つけた私。[本/雑誌] / 乃樹愛/著

現在の状況

なぜ自分の過去を書いたかというと、今自分の気持ちを整理しておかないと、これからやろうとしているブログで収益を上げる目標や、学んだことを発信するときに気持ちが揺らいでしまうと思ったからです。

もう一つは自分が組織に所属して働くということに大きな不安をもっているのか、それが果たして真実なのか確かめたいと思ったからです。

今までたくさんの失敗や不安の中で生きてきた中で、新しいことをすることは非常に勇気が要ります。
現に今でもこの選択が正しいかは誰にもわかりません。
ですが、自分の気持ちを大事にして、自分の言葉や行動で誰かの役に立てたら…、そう思いブログを始めました。

今回の記事は内容が重く、もし読んでくださっていただいている方がいるならば不快に感じるかもしれません。
しかし、これこそが自分だと証明できる手段でもあるのです。

今後の展望

ブログやTwitterを中心に自分の闘病生活や情報交換の場、現在社会で苦しむ人がここにたどり着いてほっとしてくれる、宿木のような場所にしていきたいと考えています。

同時にアフィリエイトを利用してマーケティング能力の向上や、市場という意識を持って、お金を稼ぐ意識も持ちたいと思います。
お金では解決できないこともありますが、お金で解決できることで不自由したくない・選択肢が狭まることは嫌だと感じました。

一見相反するような感情や気持ちかもしれませんが、今の精神状態や経済状況から抜け出したいというのが一番の本音です。
一番でなくてもいい、ただ何か情熱を向けられるものを増やすためにブログを続けていこうと思います。

初心者の浅知恵で短絡的な考えかもしれませんが、自分が誰かの支えになって、その輪が広がっていくことを目標にブログを無理なく更新していきたいと思います。

皆様がこのブログを見て、少しでも共感していただけたら幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします、真田幸拓でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です