人生山あり谷ありを多くの人と共有し、皆で幸せになれる場所でありたい

働き盛りの30代男性が精神疾患になったら…~発症前後編~

精神疾患 発症 前後

こんにちは、真田幸拓@sanadayukihira)です。

台風の影響か、気圧の変動が激しく心身ともに若干のだるさを感じています。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

もうすぐうつ・適応障害になって4年目になろうとしているので、自分がうつになった当時の様子などをお伝えできればと思います。

回顧録のようになり、時には自分や、この記事を読んで辛くなる方もいるかもしれません。
今日を生きている人が明日、精神疾患になるかもしれない…、周りに自分が思っている以上に苦しんでいる人が大勢いるのかもしれません。

今回は発症までの経緯と病院や本人への対応などを自分が感じたことを伝えられたらと思います。
十人十色、状況は違うとは思いますが、この記事を読んで、少しでも誰かが心穏やかに過ごせることを切望します。

うつ病 苦しみ

過去を振り返ることの苦しみ、発症前後の異常な言動や行為

今でこそ、自分が「うつ」・「適応障害」であることを受け入れることができています。
しかし、発症当時はまさか自分がなるとは思わず、ずっと何かの間違いだと感じていました。

「自分がなるはずはない」…、そう思っていた頃とは状況が全く違います。

職を転々とし、いよいよ働けなくなりました。
各種制度のお世話になり、尚且つ家族のサポートがあって何とか生活できています。

精神疾患になる予兆というのは必ず何らかしらの状況・状態を以て現れます。
自分のみならず家族や職場の人間が気づくこともあります。

自分が今までとは違うと感じた時には既に遅い可能性もあります。
そうなる前にできること、大きな病気の迷路に入る前に止まれるよう注意しましょう。

門 地獄

心身の異常、無限地獄への入り口

  • 些細なことが気になる、逆に気にならない(気づかない)
  • 仕事が手につかない、今までできていたことができない
  • 他人の言動や行動が理解できなくなる、時間がかかる
  • 出勤前・出勤中に身体や思考がうまく働かなくなる

挙げだすとキリがありませんが、要するに自分の身に確実にマイナスのエネルギーを溜め込んでいる状態です。
ここから自助努力で、ストレス発散できればいいのですが、上記の状態まで来ているとかなり難しいと思います。

気づけば無限地獄に片足をつっこんでいる状態かもしれません。

霧 沼

発症のきっかけは人それぞれだが…

きっかけは人間関係・職場関係が圧倒的に多いです。大企業でも中小企業だろうが、関係はありません。

その他、事故や恐怖体験などがきっかけの場合もあります。

いずれにせよ、自分や他人への攻撃や恐怖・不信感が募っていき、表情で状態がわかる位疲弊している人もいます。

そうなる前に何かしら手を打つ必要があるのですが、なかなか声をかけづらいのが現状です。

周囲に相談できる場合

上司や先輩、同僚などに早めに報告しましょう。

人によっては業務量の調整や休暇を与え、受診を促してくれる人もいます。

自分が思ってくれている以上に、周囲はあなたを見てくれているのです。

周囲に相談できない場合

自己防衛のために早めに仕事を切り上げる必要があります。

そして、趣味やストレス発散できることにウェイトをおき、疲れを残さず、気持ちを切り替えられることに熱意が行くように心がける必要があります。

それらが難しい場合、無理を承知で休みを取ってください。そこが一線を越える瀬戸際になるかもしれません。

崩壊 精神

調子を崩して再び「うつ」・「適応障害」の診断を受けた話

医師への受診

ここが意外と難しいポイントです。理由としては以下の通りです。

  • 本人が拒否
  • 家族が拒否
  • 職場・仕事場での理解不足

ここで躓くと精神疾患はあっという間に心身を蝕みます。
手遅れになる前に誰かが受診を促せるような体制やキーパーソンが必要です。

「うつ」・「適応障害」は早めの対処が必要

病院にすぐにかかれない場合は

欠勤
有給休暇
気分転換
仕事やストレスの要因となるものから離れる

を心がけてみてください。ストレスから離れることが何よりの休息であり、薬や症状の安定につながります。

精神疾患を告げられたら…

正直、想像以上に凹みます。私もしばらくは廃人のようでした。
自分はもう何度目かわからない位診断を受けているので、以下のことを意識しています。

  • 何の病気か理解しておく
  • その上で、仕事のことは気にせずしっかり休む
  • 危険な行動や同じ病気や症状のことを必要以上に調べない
  • 仕事を休んだり、自分が今何も出来なかったりすることを責めない

過去には戻れない、今の自分を受容し、生きていく勇気が必要

思っている以上に精神疾患は心身を蝕みます。その上で日常生活を歩んでいくことは辛いです。
休めると時に休む。食べられるときに食べ、眠りたい時に眠る…、最初はそれでいいと思います。

病気を受け入れることの辛さ、何もできない気持ちをマイナスに考えず、ゆっくり休む充電期間だと思ってください。

いつかまた復職したりやりたいことが見つかったりしますので…。
私も未だ道半ばではありますが…、ゆっくり行こうと思います。

最後に私がよく見ている「ほっしーさん」のYouTubeを紹介しようと思います。

心身ともにご自愛ください、真田幸拓でした。

なんで私が適応障害!? 暗闇の中で光を見つけた私。[本/雑誌] / 乃樹愛/著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です