人生山あり谷ありを多くの人と共有し、皆で幸せになれる場所でありたい

30代無職男のこの時期恒例の難問~確定申告編~

ここ数年年末調整の時期に休職(退職)している=自分で確定申告するしかない

こんにちは真田幸拓です。昨日は暖かい陽気で、少し汗ばむくらいの陽気でしたね、外国の方が半袖姿になっているのも何となくわかるような気がしました。今日は少し冷え込んでいるような気もしますが、昨日が暖かすぎたのでしょうね。

ここ数年は10月か11月に休職や退職することが多く、年末調整をした記憶がありません。つまり自分で確定申告をする必要があります。

これが辛い

いや、やらないと面倒なことになるのもわかっているし、『納税』は国民の義務ですからね。生きている以上きちんとそこはしないといけないのですが…。如何せん書き方が面倒、諸経費の計算などもいるし、必要書類をどこにしまったか思い出すのに時間がかかることもしばしば…。
作成開始前にすでにエネルギーの枯渇が目立ちます。最近では自宅のパソコンのみならず、スマートフォンからも作成がある程度可能だと知ったので、作成をしますが…、まあわかりにくいこと。知識のない人間からしたら、ただただ無駄な労力と時間を使っているにすぎません。

その結果…、疲労困憊で作成終了後にはだいたい燃え尽きます…。

そもそももっと簡単に確定申告できないものなのか…

マイナンバーカード(通知カード)とかあるじゃないですか、それで管理して自動計算して勝手にしてくれればいいのにと何度考えたことか…。まあそれができるようになると困る人も出てくるのかもしれませんが…。
私のようにお金や税金に関して知識のない人間、病気で外出や自分で書類の作成が困難な人間にとってはなかなかハードルの高いものです。

①無料相談会に参加

地域によっては確定申告開始前後に税理士さんによる確定申告の書類作成の無料相談会が実施される機会もあるようです。
地域によって、頻度や場所は様々でしょうが、特に初めてやる方にとっては疑問点や不安解消につながるのではないでしょうか?

②自力で作成

インターネットや国税庁の情報を頼りに、自分で作成することはもちろん可能です。勤務先が一つであったり、単身者などは入力項目も少なく、手順などもよく読めばできないこともありません。
通院回数が多い方、保険に加入している方、各種控除を受けている方は事前にどのような書類が必要かは調べておく必要がありますがね。
どうしてもわからない場合はとりあえず、作って税務署で聞いてしまいましょう、できれば確定申告開始前に。

確定申告前なら税務署の方も比較的業務に余裕があると思います(確定申告の地獄のようなチェック時期を考えれば…私見ですが)。
なので、一度事前に相談に行くのもありかもですね。

③他人に作成依頼・専用ソフトの利用

知り合いに税理士さんがいるとか、確定申告に慣れた方がいるなら思い切って相談・依頼するのも手ですね。
問題は税理士以外の方(知り合い等)には個人情報の観点からオススメはしませんが…。

個人事業主の方は会計専用ソフトを利用しているイメージがあります。

こういうものを使っているイメージです、絶対自分で考えるより早いし、何年も使えるなら便利ですよね。

結局今年も自分で作る

理由としては「外出できない」「外出したくない」、「他人と極力関わりたくない」という極めて自分勝手で自己中心的な考えです。
さすがに何年かやっていると大枠はわかってきますが、いずれにせよできれば年末調整を受けられる方は大いに甘えて、それ以外の「ふるさと納税」やその他の税金については毎年この時期にドタバタするのは目に見えてわかっているので、事前にしっかり準備しておくのが一番ですね…。

解決になってないかもしれませんが…(笑)

早めに税務署や国税庁のホームページから必要な書類を準備しておき、事前に必要な準備をしておく。一見面倒なように見えますが、それが一番効果的だと思います。

私の今の進捗状況ですか?もちろんまだ完成していません(笑)少しわからないところ(例年にはなかったところ)が出てきたので、そこで悪戦苦闘しています。なので面倒ですが、これから税務署に行って聞いてこようと思います。

殺伐とした時間でなければ窓口対応の方も優しいですからね(自分の居住地域の方々は)。
なるべくギリギリにならないように作成して余裕をもって作成する、これにつきますね!

スマートフォンでも簡単に作ることができる

税務申告書作成会場は初めて確定申告をするような若い人や、高齢層が多い印象で、待ち時間も非常に要しました。
スマートフォンは入力画面が多少小さいのと、入力画面のわからない部分のヘルプ表示が見づらいというデメリットがありますが、基本的に入力自体は簡単です。

昨年はパソコンを持っていなかったし、今より症状が良くなかったので、スマホで入力、外部出力で提出しました。

実際、申告会場でもスマホ入力会場もありましたが、圧倒的にパソコン入力待ちの時間が長かった(人が多かった)ので、スマホで事前にある程度入力しておくのも良いかもしれません。データも保存できるので、疑問に思うところを会場の税理士さんに聞けば大方解決するはずです。

必要書類の漏れがないようにだけ気をつけておきましょう( ..)φメモメモ

皆様も是非とも書類と向き合って、無事に確定申告ができることを祈っています。

 

↑おすすめです↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です