人生山あり谷ありを多くの人と共有し、皆で幸せになれる場所でありたい

コロナ禍だからこそ始める自転車通勤のメリット・デメリット

真田幸拓(@sanadayukihira)です。

寒さやコロナウイルスが続く中、出勤の形態が変化したり、テレワークなども増えてきたのではないでしょうか?

しかし、一部ニュースにもあるように、通勤時の乗車率はあまり変わっていないということが報道されています。

三密を避けるために、いつもより早くあるいは遅く出勤するなどもありますが、公共交通機関を利用すると感染のリスクは高いのが心配ではないでしょうか?

そこで今回は過去に自転車通勤をしていた私が、メリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

なぜ自転車通勤を勧めるのか

満員電車に1時間も揺られて通勤することは辛くないですか?

もっと余裕を持って、気持ちよく通勤したくないですか?

自転車にも道路交通法というルールはありますし、自分の力で走らないといけないので、疲れもします。

しかしそれ以上にメリットもあります。もちろんすべての人に当てはまる訳ではありませんが、それでも一度試してみるのもいいかもしれません。

新しい人間関係や趣味として自転車を始められている人も増えています。

そして今は決算や春の通勤・通学に向けて自転車のセールが行われている時期でもあります。

これを機会に一度購入を検討してみてはいかがでしょうか。



メリット:運動に、三密回避に、自然を感じられてよし

  • 通勤自体が運動になり、運動不足解消になる
  • 公共交通機関による三密を回避し、自由に行動できるようになる
  • 四季折々の風景や街並みを楽しみながら行動できる

テレワークや大型連休、コロナ禍による運動不足で体型や健康が気になっている人も少なくないかもしれません。

自転車は有酸素運動も無酸素運動もできる便利な乗り物です。

健康維持にはもってこいのアイテムだと思っています。

更に自分の好きなタイミングや時間に、例えばスーパーに寄ったり、ジムなどに寄ったりすることもできます。

更に運動することで自走距離が伸びていき、自転車でいけるところがどんどん増えていきます。

四季折々の風景を愛車と共に過ごすというのは、自転車乗りの最高の楽しみです。

デメリット:金銭面、盗難、季節、職場の了承が必要

  • 初期費用がかかる
  • 盗難のリスクがある
  • 季節によっては暑いあるいは寒い
  • 会社がOKを出してくれない

まず大前提ですが、メーカー選びや自転車屋をよく選んでください。

中途半端な安い自転車やよくわからないメーカーの自転車を買うことはおすすめしません。

街中で良く見る自転車を見るもよし、できればスポーツ自転車を取り扱っているお店に行ってみて下さい。

その上で価格ですが、決して安くはありません。

趣味で購入する人には青天井のものです。

しかし、通勤で使う分ならそこまではかかりません、しかし毎日乗ると決めたならそれなりの自転車を購入することをお勧めします。

盗難のリスクについてはスポーツバイクは軽量でかつ値段も基本的に高価な為、盗難にあいやすいです。

地域によっては盗難のリスクも高まるので、自転車のカギはできれば2つ用意するのがいいでしょう。

その他にもヘルメットやライトなど、諸々合わせると結構な金額がします。

季節によっても運行に影響が出ます、夏は暑く冬は寒いです。

それぞれの時期に合わせたグッズも用意されているので、それらを利用するといいですが、やはりそこでもお金がかかってしまいます。

一番の問題が会社が通勤OKを出してくれるかです。

事故の危険性の高い自転車通勤を許してもらえるかどうか、通勤手当が出るかなどの問題もあります。

自転車通勤用のクロスバイクや折りたたみ自転車をお探しなら【ワイズロードオンライン】

結論:今から自転車を探して新生活に楽しもう

今なら型落ちした自転車が安く買えるベストシーズンです。

新しい趣味として始めるのもいいですし、通勤を運動と考えて奮発するのも良いかもしれません。

自分の足でいけるところまでいく、新鮮な気持ちで通勤ができるなどメリットもたくさんあるかと思います。

是非この機会に自転車での通勤を考えてみてはいかがでしょうか?

真田幸拓でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です